Google ネオモバ 資産運用

Googleスプレッドシートで日本株の株価を自動で反映させる方法!|初心者にもわかりやすく開設【時短術】

Kate

化学メーカーに就職。技術職。小学生時代から軽度の吃音症を発症。現在も、吃音症と共存を決めた20代会社員です。。 趣味は、国内外旅行。就職と同時に株式投資を始めました。 このブログでは、株式投資・生活お得情報や趣味である国内外旅行などを発信していきます!



みなさんこんにちは!

Kateです。(Twitter:@kate_thx

Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で使うことができる『Googoleスプレッドシート』

株式の損益管理などをGoogleスプレッドシートで管理している方も多いはず!

現在、スプレッドシートに用意されている関数はアメリカの株価を自動で反映させることができますが、日本の上場企業や株価・投資信託の価格を取得することができません。

私も以前までは、日本株に限って月末に自作したGoogleスプレッドシートのポートフォリオ内に現在価格を手入力していました。。。
保有する銘柄も多く、手間だし効率悪いし、かなりの時間を割いていました。

そこで、ひと手間を加えるだけでスプレッドシートに日本の上場企業の株式や投資信託の現在価格を取得する方法と手順をご紹介します。
(※数十分のディレイが発生することもあります。)

少しプログラミングのような設定をしますが、難しくない作業ですし、画像を用いて初心者の方でもストレスなく、約10分ほどの作業で完結します。

 

用意されている「GOOGLEFINANCE」の関数は日本株には非対応

Googleスプレッドシートには独自の「GOOGLEFINANCE」という関数が用意されています。

私もこのページを見て、「日本株にも対応しているはず!」と思い色々と調べました。

しかし、GOOGLEFINANCE関数は主にアメリカ株の株価に対応しており、現時点では日本株には対応していません。

自作で関数を作成し、日本株の価格を習得

Googleスプレッドシートで日本株の株価を取得する方法はあります!

Google Apps Script(GAS)を使用して、スプレッドシート内に自作したオリジナル関数を反映させ、Google内で株式情報を提供しているサービスから日本株の株価情報を取得する方法です。

Googleが提供している、「Googleファイナンス」では日本株の情報が掲載されていますので、その情報を引っ張ってくる自作の関数を作成します。

日本の株価を自動で取得する、オリジナル関数とは?

友人と協力し、日本の上場企業の現在の株価をリアルタイムでスプレッドシートへ反映させることができる、自作の関数を作成してみました。

=STOCKPRICEJP (code)

codeの部分に、日本株の銘柄コードを入力すると、その企業の最新の株価が瞬時に反映されます。

株価の取得は、Googleファイナンスに掲載されている株式データから引っ張ってきているため、多少のタイムラグ(ディレイ)が発生する場合があります。

code部に、銘柄コードではない数字や数字以外の文字の入力、存在しない銘柄コードを入力した場合、「#VALUE!」と表示され、エラー状態となります。

一度この関数をスプレッドシートに設定すれば、以降は何度でも日本株の現在の株価を取得する「=STOCKPRICEJP」の自作関数が実行してくれます。

日本株の現在株価を自動で取得する自作関数「STOCKPRICEJP」の設定手順

日本の上場企業の株価を自動で取得できる、Googleスプレッドシートの自作関数「=STOCKPRICEJP」の設定手順を図を用いてわかりやすく説明します。

この設定は、10分ほどで完了します。

1、株価を反映(取得)させたいスプレッドシートを開く

株価を反映(取得)させたいスプレッドシートを開きます。

もちろん、既存のスプレッドシートでもOKです。

 

2、「Apps Script」を開く

スプレッドシートのメニューバーにある、「拡張機能」をクリックし、「Apps Script」を選択し開きます。

3、Apps Scriptでライブラリの追加

Apps Scriptを開き、「ライブラリ」の右側にある「+」アイコンをクリックします。

4、スクリプトIDを追加

スクリプトIDに
「1Mc8BthYthXx6CoIz90-JiSzSafVnT6U3t0z_W3hLTAX5ek4w0G_EIrNw」
を入力し、「検索」をクリックします。

 

バージョンが「8」
利用可能なバージョンのIDが「Parser」
となっていることを確認し、「追加」をクリックします。

5、ソースコードの貼り付け

Apps Scriptの画面に戻り、以下のソースコードをコピペします。
Windorsの場合は「Ctrl+s」、Macの場合は「command+s」での保存は忘れずに!

ソースコード参照

以上で、自作関数の設定は完了です!

設定した関数を実行して、日本株の価格を自動で取得

試しに、4銘柄と、存在しないコードを入力してみました。

無事、自作のコードが反映されています。

 

また、この関数は小数点以下2位まで自動で反映されていしまいます。

もし不要な場合は、「*1」を自作関数の後ろに入力すれば、小数点以下の表示を無くすことができます。


投資信託にも対応

今回設定した「=STOCKPRICEJP」は、日本の投資信託の価格も取得が可能です。

自作関数の注意点

注意点は2つあります。

1つ目は、「=STOCKPRICEJP」関数を最初に入力・実行したとき、反映までに時間がかかります。

「Loading」状態が続く場合がありますが、反映されるまで待ちましょう。

2つ目は、『=STOCKPRICEJP」をたくさんのセルで実行する場合、反映までにかなりの時間がかかる場合があります。

これらの注意点を踏まえて、ご使用ください。

まとめ

今回は、Googleスプレッドシート内で日本株の株価を反映(取得)することができる、自作関数の設定方法をご紹介しました。
もちろん無料です。

私のように、いちいち手入力で管理されていた方にとっては、時短で便利な機能となると思います。

ぜひ、導入してみてください!

ではまた!



  • この記事を書いた人

Kate

化学メーカーに就職。技術職。小学生時代から軽度の吃音症を発症。現在も、吃音症と共存を決めた20代会社員です。。 趣味は、国内外旅行。就職と同時に株式投資を始めました。 このブログでは、株式投資・生活お得情報や趣味である国内外旅行などを発信していきます!

-Google, ネオモバ, 資産運用
-, , , ,